Warning: ob_start(): non-static method SC_MobileEmoji::handler() should not be called statically in /data/vhosts/nektonajiro.com/httpdocs/_eccube/data/require_base.php on line 91
ネクトン有限責任事業組合/網代の定置網物

定置網に魚が入る仕組み

定置網の仕組みを下記 Flash にて再現できるように Flash シミュレータを用意しました。
※3ヶ国語で説明が流れます。
We provide Flash simulator in three language.
Ofrecemos un Flash simulador por tres idiomas.

定置網の構造と各部の名称

定置網の構造

定置網とは

定置網とは、一定期間魚の回遊する場所に網を設置し、網に誘導された魚を獲る漁法です。
一般的に規模の大きい大型定置網と、主に家族経営型の小型定置網があります。

一方、網を常時設置しない漁法としては、まき網漁業、底曳網漁業、延縄漁業などがあります。

網代の定置網とその歴史に関しては、網代漁業株式会社様のサイトに詳しい記載があります。

定置網に使用する網やロープなどの漁具については、日東製網株式会社様のサイトで
詳しく説明されています。

定置網各部の名称

  • 垣網 ・・・ 魚群の進路を遮断して、運動場へ誘導します。
  • 運動場 ・・・ 周囲を網で囲ってあり、魚群を逃がさないようにしてあります。
  • 登網 ・・・ 運動場から箱網へつながる部分で。箱網に向かって底面は登り坂、側面は狭くなっています。
  • 箱網 ・・・ 最終的に魚群を留めておく部分で、箱網を締めて魚を漁獲します。
  • 側張 ・・・ 太いロープやワイヤーで張り立ててあり、定置網の骨組みになっています。
  • 台浮子 ・・・ 定置網の前後にある大型の浮子(浮体)です。
  • 錨 ・・・ 定置網を海底に固定するための大きな金属の錨です。
  • 土俵 ・・・ 定置網を海底に固定するためのサンドバッグなどです。

こちらで、実際の網起こしの様子を動画配信により体験することができます。

ネクトンシール
このページのTOPへ